プロミスの口コミは?在籍確認で会社にバレない?

このごろ、クレジットカードの現金化についての宣伝が出ていますが、学生でも申し込めるプロミスのキャッシングサービスとどう違うのか理解できないという人も少なくないようです。

どちらも現金を手にする方法なので混同されがちですが、金融機関などのキャッシング業者からお金を借りることをキャッシングと呼び、クレカ現金化というのは、ショッピング枠のあるクレジットカードで何らかの商品を購入して、専用の業者に売ることを指します。

これは法律的に非常にグレーな方法で、カード会社によっては利用停止措置がとられます。

また、現金化で得られたお金とクレジットカードの返済額を考えると、結果的に損したのと同じことになってしまいますから、安易にやってみようなどとは思わないでください。

消費者金融会社から融資を受ける時に最大の難関といえば審査に受かるところでしょう。

審査の結果がどうなるか不安な人は大手消費者金融会社のサイトに記載してある簡易審査をしてみることで不安な気持ちの解消につながるはずです。

とはいえ、簡易審査をクリアできたからといって、本審査で必ずクリアできるというわけではありません。

無利息期間のあるプロミスのキャッシングは総量規制の適用によって、借入可能な額は決められてしまいます。

借金があるかどうかによっても変わってきますから、できたら借入を少なくしてから、申し込んでください。

借りられるのは年収の3分の1までだということは知っておいていただきたいです。

実はアルバイターでも、月ごとの収入があるならばカードローンを使うことができなくもないですが、雇用が保証された正社員と比べるとやはり審査は厳しくなってしまいます。

なお、今の仕事がアルバイトだったらどれだけ現在の職場で働いているか、が問われます。

月ごとの収入があるということこそカードローンが組める条件なので、一つの勤務先に長く勤めている人の方が、毎月の給料の額が変わらなくても一定の収入が保証されていると判断されるようです。

あまり知られていませんが、税金を滞納中であっても、キャッシングサービスの審査落ちの原因にはなりません。

実際、税金を延滞すると高い利子が付くので、キャッシングで受けた融資で税金の支払いを済ませる人も多いのです。

ずっと税金を払っていないと裁判所が差し押さえ処分を下すこともありますので、未納分の税金がある場合は、早めに払っておいた方が良いです。

もし、一度に払えないという場合でも、税務署に相談すれば分割納税や特別減税されるケースもあります。

後回しにして放置するのは厳禁です。

一般的に、債務整理中に無利息期間のあるプロミスのキャッシングは利用できないと思われがちですが、法律にそのような規制はありません。

ですから、いわゆる悪徳な違法業者だけでなく、独自の審査基準を持つ業者ならば審査をパスできるかもしれません。

でも、このことがバレたら、その時調整中の債務整理は必ず失敗します。

それに、もし、融資が受けられるから、と闇金を利用してしまったら、その時点で人生が終わります。

大げさに聞こえるかもしれませんが、法を無視した闇金は、債務整理中であろうと高金利で違法な取り立てを行ってきます。

債務整理で新たなスタートを切ろうとしているのなら、絶対に関わってはいけません。

学生でバイトをしていないけれどお金を借りたい、と言う場合、残念ながら学生でも申し込めるプロミスのキャッシングサービスを利用するのは難しくなるでしょう。

働いていなければ返済できる見込みがありませんから、当然と言えるかもしれません。

しかし、収入があると偽ってキャッシングの申請を行う学生は後を絶ちません。

学生向けのキャッシングの場合、電話でバイト先まで在籍確認する業者は稀ですし、収入を証明する書類もいらないので、嘘の審査が通りやすいのです。

けれども、審査を通過できたとして、返済金が工面できる予定もないのにキャッシングすると、後で苦しくなるのは想像に難くないでしょう。

キャッシングするには、勤務先及び勤続年数の申告が必要です。

債務者になろうとする人物の返済能力の有る無しを確かめるのが目的です。

その後、勤務先あてに在籍を確認する為の電話等が来ます。

職場への連絡は勘弁して欲しいという人もいると思われますが、プロミスからの連絡だと会社にはバレないよう配慮があるようです。

引用:http://www.iconival.com/novice/bareru.html

昔はプロミスのカードローンやキャッシングは一口にサラ金と言われ怖いものと思われた時代がありました。

近年では法律も変わり、金利は制限を受け、違反業者には厳しい罰則が課されるようになりました。

とはいえ、利息上限法では最大で18.0%での貸付が認められているのに対し、出資法では29.2%までなら(※登録事業者に限る)、貸付可能でした。

あれ?と思った人も多いでしょう。

一見して矛盾しているようですが、きちんと登録されていれば合法なのです。

グレーゾーン金利というのは、この部分のことを指しているのです。

「過払い金請求」のCMでは詳細について語られていませんが、利用者が払い過ぎた金利部分を弁護士などを通じて返還請求を行うものです。

裁判所はたいてい業者より債務者寄りの判断をするため、多くの人が返金を受けています。

SMBCモビットのキャッシングサービスは、24時間ネットから簡単に申込み出来ますし、申し込んでから10秒ほどで審査の結果を確認できます。

あの大手企業「三井住友銀行」のグループにSMBCモビットは入っているので、安心感があり、多くの方から好まれているのでしょう。

提携しているATMも全国に10万台以上設置せれており、コンビニを利用すれば誰でも手軽にプロミスのキャッシングを利用することができます。

「WEB完結」で利用して頂くと、面倒な書類提出もなくキャッシングの利用が可能です。

お金に困った時にプロミスのキャッシングを利用した場合の返済方法においてまとまった金額を繰り上げ返済する。

という方法を選ぶという事は借り入れをしている全ての返済額をちょっとでも減らすことと長期と予想された返済期間を短くすることにとてもメリットが大きく、効率的です。

なぜかというと、繰り上げ返済された金額が元本返済になり、借入額全体が減るからです。

しかし、場合によっては繰り上げ返済が行えない残念な設定になってしまっている可能性も0ではありません。

返済日に遅れずきちんと返済しておけば、信用度が上がり、追加融資が可能になるでしょう。

しかし、延滞の経験があった場合や、あまりにも短い間に複数回借り入れた場合は、お金に困っている印象を与えるので、追加融資枠を増やしてもらうことが難しくなります。

金銭管理が甘いということで、追加融資しても返済が滞る可能性があるからです。

追加融資をお願いする場合、オペレーターに電話して頼むことができますが、一度追加融資を断られたにもかかわらず、何度も何度も電話したり、理由を問いただすようなことは厳禁です。

カードが利用停止になったり、強制解約される危険があります。

ある程度まとまった金額を急いで用意しなければならない場合、最も簡単にお金を融資してくれるのが、申し込みから融資までネットで済ませられるような学生でも申し込めるプロミスのキャッシングサービスです。

運転免許証は必須になりますが、その日のうちに融資してくれます。

ネット契約がキャッシングの主流になっていることは、あまり知っている人がいないので、キャッシングという名前だけで不安を覚える人も多いのではないかと思います。

悩んで時間を浪費するよりも、思い切って利用してみると、その利便性の高さが理解できるでしょう。

契約をするのには審査がつきものですが、職場だと申告した先へ在籍確認という実際にそこに勤務しているのか確かめられます。

勤務先とされる先へ業者が電話を掛けますが、電話口に自分が出ないといけない訳ではありません。

本人がその場にいなくとも、申告内容に間違いないと判断できればそれで良いのです。

消費者金融で高い金利でローンを利用している場合には過払い金の請求というものをすれば過払い金が戻る事を知っていらっしゃいますでしょうか?総量規制という法律が施行されたおかげで、過払いしてしまったお金を請求して利子を取り戻す人が増加しています。