浮気調査について

話をしていて混乱しやすいのが「不倫」と「浮気」の違いです。

不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、性的な関係を持っていることを言います。

こうした「不倫」の場合、不倫関係をもった当事者たちに慰謝料の支払いを求めることができます。

興信所に調査を依頼し、配偶者の浮気の証拠をおさえ、慰謝料請求を送りつけることで不倫関係を一気に解消させるというケースも多いです。

「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きはそれぞれの価値観や倫理で違いがあるようです。

自分以外の異性に優しくしたとか、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と言う人も、いないわけではないです。

不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと不貞行為と認識されます。

順風満帆な結婚生活を続けたければ、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動はするべきではないです。

浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵会社によって幅があります。

最初に連絡をとった会社に依頼する人が多いですが、あらかじめ複数の業者で見積りをとり、説明を受けるほうが納得がいく契約ができるでしょう。

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、データとして用意するか、メモなどで整理しておくと、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

浮気した方は気晴らしでも、された方には深いダメージが残ります。

そのような方の心理カウンセリングを行う機関があります。

専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、心の傷を癒し、前進していけるのです。

浮気相手と二股かけられていたことでパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、積極的に将来のことを考えられなくなるという例も多いです。

また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

一見簡単そうに見える浮気の追尾調査ですが、調査対象が身近な人間なわけですから、露見しやすいですし、つい感情的になって決定的な証拠を逃してしまう可能性も想定しておかなければいけません。

探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、自分でわざわざリスクを負うよりはるかにラクに素行調査や裏付けがとれるでしょう。

裁判等の証拠で使いたいなら特にプロに任せるべきです。

探偵業者を選ぶなら、事前に評判をチェックすることが不可欠だと思います。

悪質なところだと、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、適当な調査でごまかしている場合もあるみたいです。

定評のある会社を選べば、割高な請求の心配もないわけですし、肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。

探偵社の調査員になって5年目ですが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。

証拠を押さえるためには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要すると思います。

ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。

特に、調査対象やその周囲に不倫調査を悟られてしまうと、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、用心に用心を重ねるのは言うまでもありません。

興信所に持ち込まれる案件の多くは、不倫関連の調査です。

そんな仕事を例に、プロの仕事を取り上げてみました。

標準的な不倫調査としては、事前にクライアントから話を聞き、調査対象の追尾を行います。

相手が警戒していることもありますから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、不倫の証拠写真を撮影したりします。

浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって追加で料金を請求されたという事例もあります。

その時は、まず契約書を確認しましょう。

そこにはオプション付加条件や料金テーブルがはっきり書かれているはずです。

したがって契約書にはよく目を通して理解することは、トラブル防止に役立ちます。

よくわからないことがあれば、依頼前に質問して、解消しておくのも大事だと思います。

よく不倫のきっかけとして言われるのは、単調な結婚生活が嫌だったという自己中心的な感情です。

恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫を美化してしまうところもあるようです。

怒ったところで逆効果ということもありますから、二人でいる時間を作り、自分たちが我慢したり苦しいと感じていることは何かを話し合う姿勢が必要ではないでしょうか。

ほんの出来心でハマってしまい、周囲の信頼を失ってしまう。

結局のところ、不倫は何も生み出しません。

仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、あらたな恋人と幸せになろうというのは、安直にも程があるのではないでしょうか。

夫婦間の問題は不倫より先に解決策もあったでしょうし、子供には責任はないはずです。

あとで後悔しても知りませんよ。

これは浮気だと断定できる証拠写真といえば、二人一緒にラブホテルなどに出入りする場面でしょう。

個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースがあります。

ちゃんとした証拠として使えるような写真を得たいなら、その道のプロである探偵に依頼するほうが現実的です。

昔の探偵業界では、安値イコール悪かろうの認識がありました。

素人には調査の良し悪しなんてわからないですからね。

とはいえ現在は、ウェブを見れば劣悪な業者かどうかもブログや掲示板などを見ればかなり詳細に分かるようになりました。

安値ばかりにこだわれば品質が落ちてしまいがちですが、高いわりに調査がイマイチな会社へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、品質と料金が釣り合ったところを見つけるのは大事なことです。

探偵がしている仕事(行動)として、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。

相手にわからないよう後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。

露見することはまずありませんが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを見越しておく必要があります。

相手の不定型の行動に迅速に対処するのが「ごく普通の探偵」の業務です。

パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、その裏付けをとる必要があります。

最も確実な浮気の証拠は、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。

浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料をゲットするのはトラブルの要因にもなりかねませんし、探偵を雇うなどのプロのワザも候補に入れておくといいかもしれません。