経営者住宅ローンを借りるには?

経営者住宅ローンは、通常の住宅ローンより審査に必要な書類が多くなります。
サラリーマンであれば源泉徴収票や課税明細書だけでいいのですが、経営者となると会社の財務諸表や確定申告書の控も必要です。
つまり、会社に対する融資と同様の審査をしているわけです。
しかし、審査内容は通常の住宅ローンと大差はなく、経営者が給与としてもらっている会社の財務体質から経営者が役員報酬をもらい続けることができるかどうかを検討する必要があるため、財務諸表などの提示を求めているのです。
一度経営者住宅ローンを借りてみると、自社に対する銀行の評価を知ることができます。
手続が面倒なので、避ける経営者の方も多いのですが、銀行の優遇措置を受ける事も可能ですからお勧めです。
新生銀行住宅ローンの審査に通る条件とは?